43200Gによる裾先を飾るチェーンステッチ

長年愛着を持って穿き込まれたジーンズの裾先を縁取る不均一で、存在感の強い細かく捻れたパッカリング。
そこから生み出された凹凸に表れる深い濃淡のアタリ。
一見、誰も気に止めることもなさそうなこの裾先のディテールも、ジーンズのエイジングを楽しむ上で、とても大切にしているフリークも多い箇所のひとつです。

このディテールについても、ストライクゴールドの目指す立体感があり、個性の生まれる裾先のエイジングを演出するため様々な工夫がされています。
一般的なシングルステッチで施される裾上げではなく、穿き込みによる極上の捻じれを生み出してくれるとされる今となっては非常に希少なビンテージミシンであるユニオンスペシャル社のチェーンステッチミシンの中から、ストライクゴールドのジーンズにベストマッチする43200G(通称:ダルマ、ブルドックと呼ぶファンも多い)という型式のチェーンステッチミシンを用いて仕上げること、そして、運針や縫い幅についても絶妙なエイジングのために、エイジングを検証しミシンそのものを調整をして丁寧に縫い上げています。

A finely twisted puckering that has a strong presence and is uneven, edging the hem of jeans that have been worn for many years.
Fading of deep shades that appear in the unevenness created from it.
At first glance, this hem detail, which no one cares about, is one of the important part that freaks enjoy aging jeans.

This detail also has the three-dimensional effect that The Strike Gold aims for, and various ingenuities have been taken to produce the aging of the hem where individuality is born.
We don't hem by general single stitch, but we hem by 43200G chain stitch sewing machine (commonly known as: Daruma, many fans call it Bulldog) of Union Special that is the best match for The Strike Gold.
Union Special is very rare vintage sewing machine that creates the finest twist by wearing.
Then, for exquisite aging, the needle movement and sewing width of the sewing machine are adjusted and sewn carefully.

ストライクゴールドのジーンズを詳しく知りたい方は

© 2021 (有)Klax-on公式サイト | ストライクゴールド,倉敷天領デニム Powered by AFFINGER5