錆びることで存在感が増すオリジナル鉄製ボタン

ジーンズを語る上で、鈍く光る銀色のトップボタンは、象徴的な大切なパーツの一つではないでしょうか。
ストライクゴールドでは、オリジナルで製作した鉄製のトップボタンと小タックボタンを採用しています。
一般的な真鍮製やニッケル製のボタンを採用していない理由としては、たかがボタンとはいえ、長年の着用による独特で存在感のあるエイジングを楽しむことの出来る重要なパーツであるからです。

鉄素材が持つ強烈で存在感のある経年変化(エイジング)は、鉄特有の「錆びる」というネガティブな現象が、同時に非常に味のある表情を見せるという魅力に強く惹かれ、素材から製作したオリジナル鉄製ボタンとして採用しています。

ジーンズの長年の着用は、同時に幾多のボタンの開閉の為に、指で触るという作業を繰り返したことを意味しています。

こうしてボタンの開閉の為に指で触った箇所は、錆びを起こすことなく磨かれるように鈍く艶めきを放ってくれるのです。
また、錆が生まれた個所は、ボタン自体に独特の存在感を生み、アジとなって素材本来の生きた表情を見せるのです。

 

The silver top button that shines in jeans is one of the symbolic and important parts.
The Strike Gold uses an original iron top button and a small tack button.
The reason why we do not use general brass or nickel buttons is that even though they are buttons, they are important parts that allow you to enjoy the unique and strong aging that has been worn for many years.

Since the negative phenomenon of "rusting" peculiar to iron was strongly attracted to the charm of showing strong aging at the same time, we adopted the original iron button made from the material.

Wearing jeans for many years means that at the same time, you repeated the work of touching with your fingers to open and close the buttons over and over again.

In this way, the part touched with a finger to open and close the button gives off a dull luster like it is polished without causing rust.
In addition, the place where rust is born creates a unique presence in the button itself, shown the original lively expression of the textured material.

ストライクゴールドのジーンズを詳しく知りたい方は

© 2021 (有)Klax-on公式サイト | ストライクゴールド,倉敷天領デニム Powered by AFFINGER5